ガードマンを雇う意味|身の安全は自分で守る時代

男の人

警備を依頼するには

ガードマン

日常の安全を守る

日常生活を安心安全に送るためには、防犯効果の高いガードマンの存在は欠かせないものです。ガードマンは、依頼された場所に警備会社から派遣されてきます。依頼されて警備する場所は、さまざまですがお店のセールやイベントなど混雑が予想されるときに人の誘導や案内を行ってくれます。また、大きなイベントなどで観客の安全性を高めるために、受付で人の出入りを監視したり荷物検査をしたりなどもします。よく知られているガードマンの仕事には、オフィスビルなどの夜間巡回などがあります。その他にも駐車場の交通整理や建築現場や道路工事などの場所で工事を円滑に進めるためや周囲の安全を確保するための交通誘導なども行っています。また、要人警護や店内での万引き防止目的の店内巡回や現金輸送車の輸送などもガードマンの仕事です。ガードマンは、市民生活のあらゆる場面で活躍している存在ですが、雇う場合の費用は各警備会社によって異なります。ガードマンが必要なときは、まず見積もりをしてもらわないと正確な費用はわからないです。費用を記載している警備会社では、1時間当たり約4000円からとなっていますが、これは目安として考えましょう。ガードマンを依頼するときは、警備会社に連絡をして派遣してもらいたい人数や日数で見積もりをだしてもらい、納得すれば派遣を依頼しましょう。警備会社は、いくつかあるのでまずは複数の警備会社で見積もりをしてもらい、警備内容やかかる費用によって選ぶといいでしょう。ただ、防犯目的が高ければ高いほど、ガードマンにかかる費用は高くなる点を知っておきましょう。