ガードマンを雇う意味|身の安全は自分で守る時代

防犯

防犯の役割があります

防犯カメラ

ガードマンに依頼するときはまず、警備会社に在籍しているかどうかに着目しましょう。そして、経験が豊富であればより安心です。また、スポット的に警備して欲しい場合には短時間対応が可能なガードマンに注目すると良いでしょう。

高い抑止力に

警備員

ガードマンとは、いわゆる警備員のことで、施設や個人の安全と安心を守る存在です。ガードマンと一口に言っても、ガードする対象は多岐にわたります。代表的なものとして、施設警備、交通誘導、輸送警備、ボディーガードの四種類があります。施設警備とは、ショッピングセンター、テーマパーク、銀行、空港、駅などの施設を警備する仕事です。交通誘導は工事の時や混雑する駐車場の誘導などを行います。輸送警備とは、お金や美術品などを輸送するときの警備を行います。ボディーガードは依頼者の身辺を守るもので、高い能力が必要とされます。ガードマンを利用するメリットとは、高い抑止力が得られ、運用に融通がきくという点です。犯罪が起きたときは警察などの公的権力を利用することになりますが、警察などは抑止力として活用することはできません。また、防犯カメラなども多少の抑止力となりますが、壊されてしまえばおしまいです。ガードマンならばいざという時の対応もでき、存在自体が高い抑止力となります。ガードマンの制服はそれだけで周りを威嚇する力があるためです。それぞれの施設や個人で採用することができるため、融通のきく利用が可能な点も魅力です。働く側にも様々な魅力があります。ガードマンは肉体労働で、頭脳労働をあまり必要としないのに、時給が高いという魅力もあります。バイトに応募する側としても魅力があります。業界全体では常に人手不足のため、高い確率で採用されるのも魅力です。

警備員を選定するポイント

鍵と積み木

近年では、悪質な犯罪が増加傾向にあることから、セキュリティ会社やガードマンと契約する一般家庭が増えています。セキュリティ会社やガードマンと契約する際には、世間一般のランニングコストではなく、「自身に適切なランニングコスト」に設定することが大事です。

警備を依頼するには

ガードマン

会社やお店のイベントなどでガードマンを派遣してもらいたいときは、警備会社に依頼すれば必要な人数と日数分ガードマンを派遣してもらえます。ただ、警備会社によってガードマンにかかる費用に違いはあるので、必ず見積もりをとってから依頼するようにしましょう。